いつも文書作成はエクセルに頼ってしまう方へ

非常に使える!ナビゲーションウインドウ

それぞれ文書のスタイルを設定する

アウトライン機能を最大限に活用するために、アウトラインの中のそれぞれの項目ごとに「スタイル」を設定して行きます。
やり方は以下の手順になります。

1、メニューバーのファイルから印刷レイアウトを選択する。
2、画面が切り替わったら、メニューバーの「ホーム」から「スタイル」「スタイルウインドウ」を選択する。
3、スタイルを変更したいアウトラインレベルを決め、その横にあるチェックボタンをクリックする。
4、チェックボタンをクリック後に更に詳細が表示されるので、その中から「変更」を選択する。
5、「スタイルの変更」という画面が表示されるので、その中で、書式や文字のスタイル、フォントのサイズなど詳細な指定を行い、OKボタンを押す。

ナビゲーションウインドウの機能を活用する

ナビゲーションウインドウは、長文文書を作成している最中に全体の構成を把握したり、その中からある特定の文字を検索したい場合などに非常に便利に使える機能です。

マニュアルやレポートなど、ページ数が多い文書を作成する場合には途中で文章を入れ替えたり段落ごと移動したりすることが必要になりますが、ナビゲーションウインドウを使う事で、作成中の文書はそのまま表示しつつ、見出しの一覧や全ページのサムネイルを確認することができます。また、検索ボックスを表示することも可能です。

ナビゲーションウインドウを表示するには以下の手順になります。

1、メニューバーから「表示」を選択する。
2、表示欄のナビゲーションウインドウにチェックを入れる。

この簡単な手順で驚くほど文書の作成が楽になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ